田中将大が24連勝を記録しました。

20勝以上でシーズン無敗は初めてだそうです。

 

その田中と甲子園で投げ合った斎藤佑樹が

戦力外の危機に瀕しているみたいです・・・

 

野球選手って華やかなイメージがありますが、かなりシビアな世界ですよね。

怪我などで引退せざるを得なくなった人とか、戦力外になってしまった人も多いです。

 

斎藤佑樹はどうなのでしょうか??

 

 

斉藤は肩を怪我してしまいましたが、一応投げれてはいます。

現状では一軍はもちろんの事、二軍でもあまり通用していませんが

今でもかなりの人気を誇る選手です。

 

ちょっと前にも田中将大と投げ合うのではないかと噂されていました。

結局それは叶いませんでしたが、客と話題を呼べる選手である事は間違いないでしょう。

 

 

そして、意外かもしれませんがドラフト1位指名の選手はそうそうクビになりません。

巨人の辻内(かなり昔に話題になりましたね)が今年戦力外通告を受けました。

8年やって一軍の試合に出場したことは一度も無いという彼でも

8年経って戦力外通告が来たという状況です。

 

球団にはドラフトとかとの兼ね合いがあるので

ポンポン解雇してしまうと、選手の出身高校や大学への印象が悪くなってしまいます。

そうなるとドラフトでの指名が断られてしまったり

様々な不都合が生じてしまいます。

 

なので、特にドラフト上位で指名した選手を

2年や3年でクビにすることはほとんどありません。

 

 

すっかりネタ扱いの斎藤佑樹ですが、

彼は一軍でも11勝しているので、実はかなり優秀な選手です。

それに加えて話題性もあるので、今年戦力外になる可能性は低いと思います。

 

マイケルとかの主力選手でもあっさり放出する事で知られている日ハムですが

流石に斎藤佑樹を戦力外にすると反感を喰らいそうな感じがします。

それに加えて早稲田との関係も悪くなってしまうかもしれません、

 

今年戦力外になる可能性は低いと思いますが、

来年とか再来年もこの調子だったら危ないかな・・・と思います。

日ハムはその辺の決断はとても早い気がしますし。

 

ストレートも変化球も通用せず、コントロールもイマイチな状態では

来年も厳しいかもしれませんが、菊池雄星みたいに復活するかもしれないので

それに期待したい所ですね。