斎藤佑樹って高校時代は150キロとか出してましたよね。

それなのに、プロに入ってからは

130キロ代とかで、良くても140行くか行かないかくらい・・・

 

高校の時よりも球速が落ちるっていうのは不思議ですよね。

 

その理由として挙げられているのがフォームを崩してしまったこと。

実は斎藤は大学時代に速い球を投げようとして筋肉を付けていたそうです。

しかし、それがフォームを崩す原因となってしまったんだとか。

 

それ以降、ずっと球速が出なくなってしまった・・・という訳です。

大学時代は球速ではなく、それ以外の部分で勝負していたんですね。

 

そうして大学野球でも活躍した斎藤佑樹ですが

流石にプロが相手となると、今までのピッチングでは難しくなりました。

選球眼もスイングスピードも桁が違いますからね。

それで、高校や大学での活躍の割にプロでは振るわない、となってしまっています。

 

 

ですが、ここで興味深い意見を紹介します。

それは『プロに入ると球速が落ちる』というものです。

 

これはどういう事なのかというと、

実はアマチュアの頃よりも球速が落ちる選手が大半を占めるというものです。

 

その理由はというと『制球を良くするため』

プロに入ってからは球速よりも制球力が重要である

という事を強く意識するようになるそうです。

 

そのため、多少球速を落としてでも際どい所を突くピッチングになるんですね。

上では斎藤はフォームが乱れて球速が落ちたと書きましたが、

もしかしたら、球速は必要無いと気づいたという可能性もあります。

斎藤は頭の良い選手ですからね。

その方が楽に結果を出せると考えたのかもしれませんが(^_^;)

 

その他、甲子園のスピードガンがデタラメだったという説もありますね。

確かに高校生なのに150とか出し過ぎという印象はあります。

 

以前に立浪選手が「甲子園のスピードガンは5キロ水増ししている」

と言ってましたが、それが正しいような気がしますね。

ちなみに、神宮は9キロ水増ししているんだとか・・・

 

神宮のスピードガンについてはダルビッシュも以前に苦言を呈してましたね。

水増しされた球速を基準にされたら選手も大変ですからね。

 

以前は130キロくらいの球で活躍していた選手もいますし、

斎藤佑樹もそういうのを目指して頑張って欲しいですね!