「トリハダ(秘)スクープ映像100科ジテン」に、

14歳の時に金メダルを獲得した岩崎恭子が登場していました。

正確には14歳と6日で、現在でも最年少記録だそうです。

「今まで生きて来た中で一番幸せです」というコメントを覚えている人も多いでしょう。

 

岩崎恭子は20歳で引退する事となってしまうのですが、

現在では競泳のコメンテーターとして活動していたりします。

引退は残念でしたが、第二の人生を送っているようですね。

 

その岩崎恭子なんですが、実は結婚しているようですね。

となると、気になるのがお相手なのですが、旦那って誰なんでしょうか?

そして、離婚の噂は本当なのでしょうか?

 

岩崎恭子の旦那については知らない人も結構いると思います。

その旦那と離婚についての情報を下にまとめました。

 

・岩崎恭子の夫は斉藤祐也という人

・斉藤祐也はラグビーの日本代表だった選手

・2011年に第一子を出産している

・現在は豊田自動織機に所属している

 

・4年間の交際の後に結婚した

・離婚という噂が流れているが、特にそういう事実がないらしい

・4年交際していたとなっているが、スピード婚という噂もあるらしい

・離婚の噂が流れたのも、スピード婚という噂によるもの

 

岩崎恭子の旦那については以上です。

ラグビー出身という事で、かなりガタイが良いらしいです。

そしてかなりのイケメンのようで・・・

美男美女カップルなのは羨ましいです。

 

岩崎恭子は早くに引退してしまいましたが、

カッコいい旦那さんと子供に囲まれて幸せな生活を送っているようです。

今後も指導者とかコメンテーターとして頑張って欲しいですね。

 

岩崎が金メダルを獲った時は本当にノーマークだったそうですよ。

岩崎恭子には敬子という姉がいて、その姉の方がずっと期待されていたんだとか。

 

姉を選考会で倒し、オリンピックに出場してメダルを摂ったとか

漫画みたいな展開ですよね。

当時、バルセロナで本命と言われていた

アニタ・ノールをも打ち破って金メダルですからね・・・

外人も驚きを隠せなかったそうですよ。