中日の井端弘和が退団しましたね。

WBCでの大活躍は印象的だっただけに、

退団してしまうのは残念ですね。

 

その井端に注目しているのが広島カープだそうです。

今年、久しぶりにAクラスに入った広島は、

更に戦力を強化するために井端の獲得を検討しているそうですよ。

 

確かに堂林の守備とかはアレな感じですが、

割と人数揃っているイメージがありますけどね・・・

 

井端の獲得の利点としては、

守備の上手さ、右打ちの上手さ、経験豊富で頼りになる

という点がよく言われていますね。

 

広島はあまり右打ちする印象が無いので、

井端は意外と良いのかもしれませんね。

前田も引退してしまいましたし。

 

 

ところで、井端が退団した理由って何なのでしょうか?

 

戦力外になったという見方をされていますが、

そもそも、退団した原因は減額制限を越えるような提示があったからと言われています。

今年は2億くらいだったのに、2300万という提示だったそうです。

 

これは制限を大きく越える提示額で、

選手側としては、気に入らなければ自由契約になって、

他の球団と交渉するという事も出来るんですね。

 

なので、正確に言えば戦力外では無いのですが、

まぁ、普通に見れば戦力外みたいなものですよね(^_^;)

 

同じような成績だった荒木が1億ちょっとの提示だった事を考えると、

何か理由があったのではないか、というのが素直な見方です。

 

そこで噂されているのが落合博満GMとの関係です。

 

元々、井端と落合って、別に仲悪くなかったはずというか、

井端にかなり信頼を寄せていたはずです。

落合が監督していた時期に、井端がスランプになっていた事があったのですが、

その時にもスタメンを外さずに使っていた記憶があります。

 

確か信子夫人からも電話で励まされたとかいう話もあったはずです。

落合は守備を重視するので、井端への評価は高いはずです。

 

落合博満は「戦力外なら金額提示しない」といっていて、

言葉だけを聞けば戦力外という訳ではない、と聞こえるのですが、

何か不自然な印象を受けますよね。

 

上では信頼していたという事を書いたのですが、

井端は落合にかなり不満を持っていたという話も出ています。

 

ショートというポジションに強いこだわりを持っている井端ですが、

セカンドにコンバートされた事がありましたね。

それが原因となって、仲が悪くなったと言われています。

 

そのコンバートは、

野球を舐めていると落合が判断したかららしいですが、

それを快く思わなかったんでしょう。

 

その後、落合は色んな方面からの圧力で監督を辞める事になりますが、

井端は「辞めさせてくれて有難うございます」と言ったらしいです。

あくまで噂ではありますが、もし本当だとしたら

そうとう嫌っていたと思われます。

 

で、それが落合の耳に入ったとか入らないとか・・・

そういった話もあるんですね。

それで落合に嫌われてしまったのが原因だという話も聞きます。

 

井端は生贄にされたという話もあります。

この騒動があったせいか、金にうるさいと言われる

中日の選手たちも、軒並みダウン提示でサインしたそうですよ。

 

経営的な話としては、中日って

選手の年俸が高い割に収入が伸び悩んでいるそうです。

観客の動員数が年々減っていってるんですね。

 

今シーズンは200万人を割ってしまったそうです。

一応、12球団中ではソフトバンクに次ぐ4位なのですが、

年俸が巨人に次ぐ2位というのは厳しいですね。

 

数字に強いと言われる落合がGMになった事で、

厳しくコストカットされるのかもしれません。

 

 

話は変わりますが、中日を退団した井端が巨人に行くという噂があります!

 

本人が在京球団を希望しているようです。

となると、巨人が有力候補となりそうですよね。

ヤクルトなんかも評価していると聞きますね。

 

今シーズン振るわなかったけど、取る必要あるの?

と思いますが、井端が持っている中日の情報は価値があるといわれています。

サインなどは流石に変わってくるでしょうが、

各選手の癖など、色々と知っているので、巨人としては欲しい選手でしょう。

坂本に刺激を与えるという意味もあるかもしれません。

 

井端は中日とは連絡を取っていないようで、

もう戻ってくることはないのかもしれません。

 

巨人に入団して中日と対決するとなると・・・

それもまた見ものになるでしょうね。

どんな勝負になるのかが楽しみです。