のぼうの城というのは史実を元にして作られています。

 

確かに脚色している部分も多いのですが、

ある程度は下敷きにしているお話です。

 

少数の軍勢で、数万の軍勢を打ち倒す、

というのは物語的には最高のシナリオですよね。

 

映画では、それが脚色されていて、

500の軍勢で2万の軍と対決したとされていますが、

史実では3000くらいだったみたいですね。

 

しかも、倒した訳ではなく、

攻撃を防ぎきったというのが正確だと思われます。

それにしても凄いですよね。

 

 

その秘密として良く言われているのが、

のぼうの城の城主となった成田長親です。

 

あまり賢い城主という訳では無かったそうですが、

とにかく人気があったみたいですね。

そのため、みんな戦いに協力してくれたそうですよ。

 

映画ではのんびりとしていながらも、

奇策を用いて豊臣軍と戦うという感じでしたが、

実際には人柄の良さが武器だったみたいです。

 

3000くらいの軍勢だったとは言われていますが、

それ以上いたのではないかというのが真相とも言われています。

単に数が多かったので、負けなかったのではという話ですね。

 

のぼうの城というのは忍城の事です。

周りを湖に囲まれていて、浮城とも呼ばれていた城です。

この城は、豊臣秀吉が北条を潰した時に、

唯一、倒されなかった城だったと言われていますね。

 

そして、水攻めを受けた珍しい城でもあります。

それを試みたのは石田三成ですね。

秀吉の側近として有名な方です。

 

水攻めは失敗したようですが・・・

川に石田堤というものを作り、それで水攻めをしようとするのですが、

最終的に壊されてしまい、却って自分の軍が混乱してしまった、

というのがのぼうの城のお話です。

 

石田は秀吉が水攻めをした事に感動して、

同じ手法で忍城を落とそうとしたと描かれています。

 

これだけ見ると、

石田三成がとてもアホな感じに見えなくもないのですが、

この水攻めの指示というのは、

実は豊臣秀吉が出していたものらしいですよ。

 

パフォーマンスで水攻めをしようとしていたそうで、

石田はそれに猛反対していたんだそうです。

ですが、秀吉の指示には逆らえず・・・

といった話だったようですよ。

 

つまり、映画での内容が実際の歴史とは異なる、

という点も結構あるという事です。

 

その中で最も大きい相違点が、

忍城は、実際には小田原城が落ちるまで持ちこたえられてなかったというもの。

もう根本からシナリオが変わってしまいますよね(^_^;)

 

この話も仮説の一つでしか無い話ではありますが、

色んな説が唱えられていて、それもまた面白いですね。

 

映画の宣伝を見た人は気が付くかと思いますが

500 VS 20000というのは明らかに演出が入っていますね。

実際には3000~4000ほどの戦力はあったそうなので。

 

ですが、それ以外の部分は、

歴史上でも実際にあった話が多いです。

水攻めに失敗して、秀吉の軍が打撃を受けたというのも事実だそうです。

 

水攻め自体は本当にやっていたという事ですね。

興味深い話ですよね。

確かにインパクトが強いので、

秀吉がパフォーマンスでやろうとしたのも分かりますね。

城の周囲を水没させる訳ですからね・・・

 

そして、成田長親についてですが、

歴史上では、最後は出家することになったそうです。

年老いてからは尾張(今の愛知県)で過ごしたそうですよ。

 

ここまでの話で、忍城に興味を持った方もいるかもしれません。

そういう方にオススメなのが、行田市郷土博物館です。

 

忍城の跡地にオープンした博物館で、

様々な資料が展示されているという事です。

興味を持った方は行ってみるのも良いと思いますよ。