今シーズンは不完全燃焼に終わった斎藤佑樹

その斎藤はビッグマウスとして、

よく叩かれているのを見掛けます。

 

彼はどのようなタイプの人間なのでしょうか?

性格を示すエピソードを調べてみました。

 

・斎藤佑樹は負けず嫌い?

打たれても「収穫があった」というような

あまり悔しくなさそうなコメントをしているイメージのある斎藤。

ですが、本人によると、かなり負けず嫌いらしい。

 

確かに弱音は吐いていないといえばその通りですね。

余裕な(?)発言は凹んでいる所を見せたくないという、

強い意志の表れなのかもしれません。

 

また、本人が語る所によると我儘らしいです。

なので、性格が良いとは自分でも思っていないのかもしれませんね。

 

・ダルビッシュと揉めた?

斎藤佑樹に関するエピソードでこんなものがあります。

斎藤はある試合で、1回途中に負傷降板しました。

 

負傷した斎藤は降板し、

ベンチ裏でアイシングをしていたのですが、

その時に関係者にメールを打っていたそうです。

 

これだけなら何の問題もないのですが、

そこに様子を見に来たダルビッシュが、

『途中で降板したのにメールを打っている』とある意味で誤解し、

『お前が降板した分、他の人が頑張ってるんだから早く応援に来い!』

斎藤を怒鳴りつけたそうです。

 

これがきっかけとなって、仲が悪くなってしまったそうです。

元々は中が良く、良い師弟関係だった時期もあっただけに、

この事件が後を引く形になってしまったようです。

 

ただ、斎藤は関係者に連絡を入れていただけだったそうで、

別に性格が悪いという事では無いですが、

熱血っぽいダルビッシュとはあまり合わない性格である、

という事はいえるかもしれませんね。

 

・斎藤佑樹の迷言集

斎藤には名言というか、迷言がかなりたくさんあります。

その中にはちょっと首を傾げるものもあったり・・・

その迷言には以下の様なものがあります。

 

・大観衆の中で投げないと物足りない

・甲子園の決勝は適当に投げてた

・将来は政治家になりたい

・ぶっちぎりでは面白く無い

・田中将大とはあまり差は感じない

 

これどころではなく、

他にも大量に凄い発言があります。

 

ビッグマウスと言われてしまうだけのものはあるかと思います。

あまり問題行動は起こさない気がしますが、

発言だけはやたらと挑発的なように感じます。

 

・最近は熱血キャラに?

ここまでの話を見ていくと、

とらえどころの無い、よく分からないタイプに思えますが、

最近ではかなり熱い内面を見せているようです。

 

その姿を見せたのは、つい先月の二軍での試合です。

その試合で、斎藤は守備の乱れもあり、11失点という結果だったのですが、

試合後のコメントで「二軍の捕手と一軍の捕手ではレベルが違う」と、

味方に対して怒りを見せていました。

 

何というか、キャッチャーに八つ当たりするのはどうかと思いますが、

珍しく熱い部分を見せ始めてきたので、

今シーズンオフからは熱心に練習に取り組むかもしれません。

 

ただ、この発言に対しては

調子が悪いと人のせいにする、という性格だと見えなくもないです。

ネット上では「人のせいにするな」と叩かれていました。

 

・慰謝料って?

上の話とはちょっとズレますが、

2012年オフの契約更改で、斎藤は500万アップの3500万となりました。

 

2012年の成績は5勝8敗、防御率3.98と、

あまり優れた成績ではありませんでした。

 

この年俸アップには、慰謝料の意味も込められていたそうです。

 

では、何に対しての慰謝料なのかというと、

二軍に落とされた際にフォームをいじられてしまった、

という事に対してのものだそうです。

 

その他、クイックの練習をさせられたり、

そういった事が原因で力を発揮できなかった

という事に対して慰謝料が払われたそうです。

 

これを見て思うんですが、

日ハムって斎藤佑樹に甘いですよね?

 

恐らく他の選手だったら、

そういった事は関係なく年俸が決まっていたと思います。

 

ちょっと謎な性格もその辺が関係しているのかもしれません。

 

 

斎藤佑樹についての話は以上です!

性格的にはちょっと疑問符が付く選手ですが、

今シーズンのオフに猛練習に取り組むかもしれません。

 

来年、大活躍するなんて事もあるかもしれません。

その時の発言にも期待したい所ですね。